総展望

S班からは当所開催のKEIRINグランプリ2018準Vの浅井康太をはじめ、輪界ナンバーワンのオールラウンダー平原康多、61周年記念(H26年2月)の覇者武田豊樹の3名が参戦予定。浅井は今年立川記念から始動したが、オール連対で準Vとさすがの安定感。中部からは底力がある吉田敏洋が参戦予定で、前後はその時々で流動的だが両者の連係はどちらが前でもV争いに絡む。平原は地元大宮記念でV初めと行きたいところだったが、惜しくも3着スタート。テクニックとパワーを融合させて当記念初制覇を狙う。言葉はいらない武田とのS班コンビは別線を沈黙させるかもしれない。武田の近況は復活に向けて充電中と言ったところだが、トップクラスで戦い続けた経験の差は簡単には縮まらないだけに、まだまだアドバンテージがある。61周年を制した時も追走義務違反による罰則で長期出場停止からグレードレースに復帰した苦しい時期。当記念Vから見事な快進撃を果たしただけに、再度本記念を好転のきっかけにしたいところ。弟子の吉澤純平も参戦予定で、吉澤―平原―武田のライン形成ならV争いをリード。昨年の覇者古性優作は連覇を目指しての参戦。古性もオールラウンダーでヨコのさばきやバランス感覚なら平原に匹敵する実力。レベルの高い機動型の稲毛健太中井俊亮、差し脚鋭い東口善朋との連係で強力ラインを形成。番手を回れば強烈なブロックがあるだけに、ヨコを通り過ぎるのは難しく別線にとっては脅威になるはず。スピード戦なら中川誠一郎。組み立ての甘さやムラな面はリスクだが、当所開催のダービーを圧倒的なスピードで制したように、強烈なダッシュ力で加速したら手がつけられない。北津留翼荒井崇博もそろう九州勢の一撃には警戒。北日本勢はバランスのいい戦力がそろう。自力基本に展開次第ではヨコのさばきも武器の阿部拓真。追込型だが目標が不在なら、まくりも用意のタテ勝負もできる守澤太志。直線鋭く伸びてる和田圭も近況は好調で混戦なら面白い地区。

迎撃する地元渡邉雄太

渡邉雄太の進化が止まらない。先行・まくりの機動力に加え、近況では厳しい位置取りも見せる。メンタル面でも大きく成長。昨年12月の伊東記念では郡司浩平(神奈川99期)を目標に番手まくりで地元のプレッシャーに打ち勝つV。今やエースとしての自覚もあるだけに、ホームの記念たちあおい賞にかける想いは強い。昨年の当所グランプリシリーズ寺内大吉記念杯では逃げ粘って準Vと抜群のレース内容。年が明けても宇都宮、高知FⅠシリーズを連続Vとさらに勢いを増しているだけに、強敵相手でも当記念初Vの期待は大きい。援護は師匠の渡邉晴智をはじめ、岡村潤萩原孝之新田康仁が引き受ける。機動型には根田空史山中秀将の千葉勢、神奈川からはタテ・ヨコ自在な桐山敬太郎らがそろい戦力は充実。

新勢力にフォーカス

昨年のヤンググランプリ出場組から松本貴治佐伯辰哉。大一番で先行したのは松本。結果は8着に終わったが、スター候補がそろう中で主導権を握ったレース内容は高評価。佐伯は展開に柔軟に対応できるタイプで幅のある多彩な戦法も魅力。本開催でも大物食いがあるかもしれない。南関では松井宏佑と地元大石剣士。松井はスーパーダッシュの持ち主でカマシ・まくりが得意。大石は抜群の積極性で抑え先行を基本に組み立てる。二人の組み立ては対照的だがラインにとっては貴重な戦力。

S級ブロックセブン

S級ブロックセブンとは? 北日本地区、関東地区、南関東地区、中部地区、近畿地区、中四国地区、九州地区からS級選手の各1名が出場し、合計7名で争われる企画レース。

当たりやすさをコンセプトにした七車立ての単発企画レース。ラインの先頭で戦うのは長島大介野原雅也中本匠栄。長島には地元望月永悟がマークしそう。北日本の川津悠揮が東日本でまとまるなら、ラインは三車になり一番長くなる。野原には中部近畿で原真司がマーク。中本には西日本連係で棚橋勉がつければ、レースは三分戦の展開。接戦が予想されるだけに、ライン三車のアドバンテージが大きい長島が優勢とみる。先行主体に別線が叩いて出るなら、俊敏に三番手をキープしてまくる。番手望月とのワン・ツーが本線。互角の機動力を誇る野原は、近況まくりの決め手が多くはなっているが、順番がめぐれば一気のカマシ敢行で逆転を狙う。マーク原は野原の仕掛けが早めならゴール前差し迫る。中本もキレのあるカマシ・まくりが持ち味で、タイミング逃さず仕掛けた時には侮れない。展開を見過ぎずに大胆な仕掛けができれば一撃もある。力が接近する長島ラインと野原ラインが人気を二分しそうだが、第三勢力の中本からの狙いは高配当になりそうだ。