メニュー

Road to KEIRIN GRAND PRIX 2018 SHIZUOKA

2018 / 12 / 30 日曜日
実施レース/第11R
発走予定/16:30
発走まであと
D
H
M

スペシャル対談

  • 第1弾 新田祐大選手 × 山口幸二氏
  • 第2弾 三谷竜生選手 × 槇原寛己氏
  • 第3弾 三谷竜生選手 × 吉井秀仁氏
  • 第4弾 脇本雄太選手 × 岡井千聖さん
  • 第5弾 脇本雄太選手 × U字工事
第1弾 平原康多選手 × 山口幸二氏

グランプリへの最初の切符を手に入れた新田祐大。対談の相手はグランプリを2度制覇した山口幸二。

 東京オリンピックを目指すナショナルチームの一員である新田祐大選手。現在は福島から静岡に生活の場を移し、伊豆ベロドロームを拠点としたナショナルチームのハードな練習で自らを鍛える毎日を送っている。ナショナルチームの練習は初めての訪問だという山口幸二氏。あまり知ることのできないナショナルチームの練習や全日本選抜優勝の裏に隠された苦悩、KEIRINグランプリにかける想いなど、興味深い話を語ってくれた。
第2弾 三谷竜生選手 × 槇原寛己氏

日本選手権競輪を制覇した奈良の三谷竜生と野球界のレジェンドである槙原寛己との異種競技対談

 ダービー連覇!三谷竜生は競輪史に残る偉業を成し遂げた。単騎での戦いとなった昨年とは打って変わり、近畿の強い結束を武器に一番人気に応えて “完勝” して見せた。対談相手は元巨人軍の投手 “ミスターパーフェクト” 槙原寛己。1994年5月18日に福岡ドームで完全試合を達成。あれから24年。槙原寛己の後に完全試合を達成したプロ野球の投手はまだいない。競輪 × 野球。年齢も競技も違う二人が出会った…。
第3弾 三谷竜生選手 × 吉井秀仁氏

GⅠ連覇を果たした三谷竜生に対するのは、誰よりも競輪を愛する解説者として知られる吉井秀仁。

 2018年6月17日、快晴の岸和田競輪場。69回目を迎えた高松宮記念杯競輪の決勝で、真っ先にゴール線を駆け抜けたのは、またしてもこの男だった!GⅠ連覇を成し遂げた三谷竜生との対談に臨むのは、競輪専門解説の吉井秀仁。現役当時はフラワーラインの一人として活躍。特別競輪のタイトルを短い期間にまとめて獲得したことは、今の三谷と通じるものがある。夏の暑い日。三谷が待つ奈良競輪場の検車場を吉井秀仁が訪ねた。
第4弾 脇本雄太選手 × 岡井千聖さん

ナショナルチームの実力を見せつけた脇本雄太と競輪に目覚めたアイドルの岡井千聖が出会った。

 桁違いの先行力!後続を引き離し、圧巻の走りで戦いに幕を下ろしたのは脇本雄太だった。GⅠの決勝とは思えない大差をつけてのゴールで、本人もファンも、待ちに待った初戴冠を果たした。対談の相手はタレントの岡井千聖。ハロー!プロジェクトのアイドルグループ『℃-ute』のメンバーとして活躍。昨年から仕事を通じて知った競輪に興味津々。競輪選手とアイドル。それぞれのフィールドで今一番勢いのある二人が対談に挑んだ。
第5弾 脇本雄太選手 × U字工事さん

圧巻のレースでGⅠ連覇を成し遂げた脇本雄太と競輪大好き芸人であるU字工事の爆笑対談

 圧倒的な一番人気に応えてゴール線を駆け抜けた脇本雄太。場内からは大きな声援が鳴り響く。脇本時代の到来を実感させる寬仁親王牌の決勝だった。ナショナルチームの練習拠点である伊豆ベロドロームを訪れたのは競輪大好き芸人であるU字工事の二人。福井vs.栃木の方言バトルでは、その県民でなければ絶対に解らないワードが飛び出します。それぞれの地元愛が湧き出すトークは必見。『ごじゃっぺやんな このデレスケ!!』ってなんだ???

Road to KEIRIN GRANDPRIX 2018
SHIZUOKA 特別企画
「FINALIST × SPECIALIST」
スペシャル対談 第1弾 視聴者プレゼント

抽選で1名さまに新田祐大選手のサイン入りオリジナルサイクルウェアをプレゼントいたします。下記応募フォームより必要事項を記入後入力確認へ進みご応募ください。
応募
期間
平成30年5月25日(金)
17時まで

Road to KEIRIN GRANDPRIX 2018
SHIZUOKA 特別企画
「FINALIST × SPECIALIST」
スペシャル対談 第2弾 視聴者プレゼント

抽選で1名さまに三谷竜生選手のサイン入りオリジナルサイクルウェアをプレゼントいたします。下記応募フォームより必要事項を記入後入力確認へ進みご応募ください。
応募
期間
平成30年8月10日(金)
17時まで

Road to KEIRIN GRANDPRIX 2018
SHIZUOKA 特別企画
「FINALIST × SPECIALIST」
スペシャル対談 第3弾 視聴者プレゼント

抽選で1名さまに三谷竜生選手のサイン入りオリジナルサイクルウェアをプレゼントいたします。下記応募フォームより必要事項を記入後入力確認へ進みご応募ください。
応募
期間
平成30年9月28日(金)
17時まで

Road to KEIRIN GRANDPRIX 2018
SHIZUOKA 特別企画
「FINALIST × SPECIALIST」
スペシャル対談 第4弾 視聴者プレゼント

抽選で1名さまに脇本雄太選手のサイン入りオリジナルサイクルウェアをプレゼントいたします。下記応募フォームより必要事項を記入後入力確認へ進みご応募ください。
応募
期間
平成30年11月30日(金)
17時まで

Road to KEIRIN GRANDPRIX 2018
SHIZUOKA 特別企画
「FINALIST × SPECIALIST」
スペシャル対談 第5弾 視聴者プレゼント

抽選で1名さまに脇本雄太選手のサイン入りオリジナルサイクルウェアをプレゼントいたします。下記応募フォームより必要事項を記入後入力確認へ進みご応募ください。
応募
期間
平成30年12月21日(金)
17時まで
平成30年12月21日(金)17時をもちまして応募締切とさせていただきました。
たくさんのご応募ありがとうございました。
SPEEDチャンネル専属コメンテーター 山口 幸二氏

SPEEDチャンネル専属コメンテーター
山口 幸二

1968年(昭和43年)7月29日、岐阜・大垣市生まれ。1988年9月1日の大垣競輪場でデビューし初勝利を飾る。1998年一宮オールスターで全走1着の完全優勝でGⅠ初制覇。さらに同年のKEIRINグランプリを制覇し歴代9人目の覇者となる。2011年に13年ぶり2度目のKEIRINグランプリを制覇し大会最年長記録を樹立。2012年12月の競輪祭を最後に現役引退。通算成績は2040戦397勝。通算獲得賞金は13億7058万5354円。2014年4月からはSPEEDチャンネル専属コメンテーターに就任し活躍中。
SPEEDチャンネル専属コメンテーター 山口 幸二氏

元読売巨人軍 ・ 野球解説者
槙原 寛己

1963年8月11日生まれ。愛知県出身。1982年大府高校卒業し、ドラフト1位で読売ジャイアンツに入団。翌年4月16日阪神タイガース戦に初登板で完投勝利の快挙。この年、12勝を挙げて新人王に輝いた。
1994年5月18日、広島カープ戦で完全試合を達成。プロ20年間で通算468試合登板、159勝128敗56セーブの成績を残し2001年に引退。現在はテレビ及び野球教室等、多岐に渡り活躍中。スポニチ評論家。TBS野球解説者。趣味はゴルフ、旅行。
元競輪選手 競輪専門解説者 吉井 秀仁氏

元競輪選手 競輪専門解説者
吉井 秀仁

1956年(昭和31年)8月27日、千葉県長生郡白子町生まれ。元競輪選手(日本名輪会会員)。
東京中日スポーツ競輪評論家。現役時代は1979年競輪祭(小倉)で特別競輪初制覇を飾ると、1980年日本選手権(前橋)、1984年オールスター競輪(西宮)を制覇するなど、当時のトップスターである中野浩一氏等と共に、競輪界の一時代を築き上げ、輝かしい成績を収めた。
2002年7月現役引退後は競輪解説やリポーターとして多くのファンに親しまれている。
タレント 岡井 千聖さん

タレント
岡井 千聖さん

2002年、約3万名の応募からハロー!プロジェクト・キッズに選ばれる。2005年6月11日アイドルグループ『℃-ute』(キュート)結成。2007年2月21日、デビューシングル「桜チラリ」をリリース。新人ながらオリコンウィークリーシングルチャート初登場5位を記録し、女性アイドルグループのデビュー曲としては史上初のTOP5入りを果たす。また同年末、第58回NHK紅白歌合戦に初出場。その後も、リリースするシングルはすべてオリコンウィークリーチャート10位以内を記録。海外公演も精力的におこない、国内外問わず人気を博す。2017年6月12日、さいたまスーパーアリーナ公演をもって℃-ute解散。現在はソロとして活動中。
お笑い芸人 U字工事

お笑い芸人
U字工事

福田薫(ツッコミ)・益子卓郎(ボケ)によるお笑いコンビ。
栃木県出身で、地元の特産品や名物など、地元ネタや田舎あるあるにちなんだネタが得意。代表的なギャグは福田が「ちゃんと謝れ!」と言った後に益子が返す「ごめんねごめんね~」。2003年から2007年にかけて出場したM-1グランプリでは5年連続で準決勝進出。2008年には初の決勝進出を果たし、5位。

KEIRIN GRAND PRIX 2018[GP] SHIZUOKAKEIRIN GRAND PRIX 2018[GP] SHIZUOKA

トップ